パーマやカラーリング | 抜け毛が原因で悩んでいる女性へ

HOME -- 女性の抜け毛の原因となるもの -- パーマやカラーリング

女性の抜け毛の原因となるもの

■パーマやカラーリング

パーマやカラーリング

女性の悩みのひとつである抜け毛というものは、お洒落な人が増えカラーリングやパーマなどを頻繁に行なう事によって、女性の抜け毛が増えてきたといわれているのです。
パーマやカラーリングは若いうちからずっと続けてますという方が多く、20代の女性でも抜け毛や薄毛に悩んでいる人がとても多くいるそうです。
カラーリングとパーマは、強力な薬品で毛髪組織に浸透させ、化学変化を起こすものなので、どのようにしても、キューティクルなどの髪の痛みを伴ってしまいます。
その痛みを補修するために、トリートメントが必要となりますが、それは髪自体の痛みに対してであり、日本の薬事法内のパーマ液・カラー剤なら、慢性的な抜け毛の原因になるということはありません。
しかし、染毛剤が頭皮に全くダメージを与えないということはあり得ません。
ブリーチ剤などは酸性なので、頭皮に付くと角質を溶かしてしまいます。この頭皮の炎症ため、一時的に抜け毛が増えるということはあります。
通常は、頭皮の炎症の改善とともに髪は生えてきます。
抜け毛が続くようなら、皮膚科を受診した方がいいかと思われます。
よって、自分でブリーチなどをする時は、直接頭皮にかけないように注意してください。
人によっては、アレルギーがあることがあるので、市販のものなら、パッチテストを行い、痛みやかゆみなどが起きないか試した方がいいでしょう。
しかし、なるべくなら、美容院などで専門の方にしてもらうのが一番いいでしょう。
また、パーマとカラーリングを同時に行うと、髪に2倍のダメージを与えるので、少なくとも1週間はあけて行うようにしてください。
また、パーマやカラーリングも最近では髪に栄養を与えてくれるタイプのものが多くありますので、そういったものを利用していくことが女性の抜け毛を防ぐことにつながるのではないでしょうか。
髪を大事に思うからこそ毎日シャンプーをしたり、カラーリングをしたりするわけですが、逆にそれが抜け毛の原因となってしまい、女性の悩みの種となってしまうのは残念なことですよね。
髪のことを考え、髪を傷めないものを選び抜け毛を予防し、保護していくことを心がけるようにしましょう。

最新情報とおすすめ【ヘアカラートリートメント】