医療用ウィッグ | 抜け毛が原因で悩んでいる女性へ

HOME -- ウィッグで対策 -- 医療用ウィッグ

ウィッグで対策

■医療用ウィッグ

医療用ウィッグ

「医療用ウィッグ」とは、抗がん剤治療の副作用などによって起こる脱毛や円形脱毛症など、髪について悩んでいらっしゃる方が一時的に着用するかつらのことを指します。
治療などが目的で医療サービスを受ける方が着用するウィッグなので、一般的には「医療かつら」または「医療用かつら」と呼ばれているようです。
医療用として配慮されたウィッグには様々な特徴があります。外見的なことはもちろんですが、心のケアにも大変役立つものとして利用されているそうですよ。
まず、心のケアに使用されたりします。
ウィッグは治療法ではないので、病気や傷そのものを治すことはできませんが、その方に似合う生き生きとしたヘアスタイルのウィッグを作ることによって、気持ちを明るくするなど病気や脱毛に関する精神的ダメージを軽くすることが可能となってきます。
そしてこだわりのベース。
病気などのために敏感肌になっていますので、なるべく負担の無い優しい素材を探して柔らかいベースを採用しているウィッグが多く、敏感肌の方にも優しくフィットします。
また締めつけない構造で頭は痛み知らずです。
テーマはあくまでも「優しくフィット」なのです。構造的に締め付けず優しくフィットするもので、ズレがないなど不安感を解消してくれるものを選ぶようにしましょう。
ですから着け心地がよく快適です。着け心地の良さを重視して、重量のある素材を排除されています。
ベース自身もとても軽い素材を使うので、ウィッグを着けているのを忘れてしまうぐらい快適で軽い着け心地となっているそうです。
そして安心の固定方法。両面テープやスライドピン等で固定して着けます。
その他にも特徴はいろいろとあるので、購入の際はよく相談して選ぶようにしましょう。