ブラッシング | 抜け毛が原因で悩んでいる女性へ

HOME -- その他の対策 -- ブラッシング

その他の対策

■ブラッシング

ブラッシング

ブラッシングは間違えた方法ですると、頭皮を傷付けてしまい、さらに毛髪のキューティクルをも傷付けてしまう恐れがあります。
一方、正しいブラッシングは、髪や地肌の汚れ、フケなどを取り除くばかりでなく毛根を刺激することによって頭皮の血行を良くする働きもあるのです。
血行を良くするということは、すなわち毛根の新陳代謝を促して毛母細胞を活発化させ抜け毛を防ぐことにつながるわけです。
まずブラッシングは、特に乾燥時に注意しながら、毛髪が少し濡れている状態で行いましょう。
だからといって、逆に濡れ過ぎた状態ですると肝心のキューティクルがはがれてしまうので、そこは十分に気をつける必要があります。
次に、使用するヘアブラシはどのようなものを選んだら良いのかを考えてみましょう。
ずばり、豚の毛、猪の毛など、摩擦が発生しにくい素材のものを選ぶことをおすすめします。
ナイロン製、または金属製のヘアブラシでは、頭皮、毛髪共々傷つけられる可能性が大いにでてきてしまうからです。
また、ブラシの先がなるべく丸くなっていて、目の大きさがあまり細か過ぎないものを選ぶようにしてください。
力の入ったブラッシングをして、頭皮をたっぷりと刺激したいとつい考えがちですが、それではただ単に頭皮を傷つけてしまうだけなのです。
またフケなどを落とそうとするために、シャンプーの前のブラッシングをする方も同様です。
ですので、ブラッシングでは、頭皮へブラシの先端を強く押し付けないようにしましょう。
また、ブラッシング中髪が絡まってしまったら、無理はせず一度絡った毛髪をゆっくりとほどいていきましょう。
頭皮と髪に出来るだけ負担をかけない素材のヘアブラシを選び、丁寧に優しくブラッシングをする、ということを心がけるようにしてください。
また、最近では育毛ブラシとして、高機能なものも販売されているようです。抜け毛の原因を除去する上で、力強い味方になってくれるでしょう。
育毛剤を自動導入してくれるうえ、頭皮の洗浄効果があるものも売れているようですね。